【子供の足育】大人になっても残る足の歪みに効果的なインソールとは?

リアライン・トレーニング

お子様を持つ親御さんの皆様は、子供の足についての下記のような悩みはありませんか?

・走ると転びやすい
歩き方や走り方がおかしい
・スポーツ後など夜に足の裏がやけに痛い
・手の振り方が左右で違う
・子供の足に対して将来が不安

など、上記のようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

子供の足について正しい知識を持っている方はあまり多くありません。

誤った知識で、靴やインソールを選んでしまうと、大人になってからもその足のトラブルが残ってしまうのです。

また、「三つ子の魂 百まで(小さい頃の性格が、大きくなっても残る)」という、ことわざがあります。

これを足に置き換えて考えてみましょう。小さい頃に生じた足の歪みも、大きくなってからほとんど残ります。つまり、「三つ子の足型 百まで」ということになります。

このように、親が子供の正しい足の成長を理解し、きちんとした発育・発達を促す「足育」が大人になってからの足のトラブル予防にとても大切になります。

この記事では、子供の足のお悩みがある方におすすめしている、幼少期から使える足の歪みの予防のためのインソール「リアライン・インソール・ジュニア」を紹介します。

ゆがみのない人生の第一歩「足育」

幼少期の骨関節は非常に柔らかくなっていて、10〜13歳頃までに骨格が形成されると言われています。

発育の過程で、柔軟性の高い足は徐々に変形し、合わない靴を履いたりすると場合によっては取り返しの付かない歪みなど足が変形してしまう場合があります。

逆に言えば、柔軟性の高い幼少期は歪みのない健康的な足を作るのに最適な時期です。

幼少時代においての足の歪みや変形対策は、これからの骨格や筋肉の発育にも大きく影響してきます。

つかまり立ちから伝い歩きを始める1歳頃から、足の歪みや変形対策を行い、きちんとした「足育」をすることが、その子の将来の為とても重要となるのです。

足の歪みとは?

足の歪みには、どのような歪みがあるのか知っていますか?こちらでは、足の歪みで代表的な扁平足ハイアーチハンマートゥ、それらが悪化すると起きる足底筋膜炎について説明します。

①扁平足(へんぺいそく)

扁平足とは、足の裏にある「土踏まず」がつぶれ、足裏が床と平行になった状態です。

乳幼児の頃は誰でも扁平足で、大人になるにつれて徐々に土踏まずのアーチが出来てきます。

大人になっても扁平足のままだと、激しいスポーツをする人は土踏まずが痛むこともあります。 

症状が悪化すると足底筋膜炎などを引き起こすことがあり注意する必要があります。

②ハイアーチ

ハイアーチとは、「土踏まず」を形成している内側の縦アーチが高く、足の甲が高い状態のことです。扁平足とは逆の状態です。

ハイアーチは、土踏まずのアーチが不安定な状態であるため、歩行の時の衝撃が吸収されにくいです。

そのため、足裏だけでなく、腰や膝にかかる負担も大きくなってしまいます。

ハイアーチが進行すると前足とかかとに圧力が集中するため、皮膚が硬くなりウオノメタコができやすい状態になります。

また、症状が悪化するとハンマートゥ足底筋膜炎などを引き起こすことがあり注意する必要があります。

③ハンマートゥ(つちゆび)

ハンマートゥとは、第一・第二・第三の全ての関節がZ字型に曲がり、足の指が固まっている足指の状態のことです。

ハンマートゥは、足の人差し指や中指、薬指に力がグッと入っているような状態に曲がる特徴があります。

このような形に歪んでしまうと、突出している(出っぱっている)骨の所の皮膚にウオノメただれが起きやすく、痛みも出てくるので歩きにくくなります。

④足底筋膜炎(そくていけんまくえん)

足底筋膜とは、足の指の付け根から、かかとの骨まで足の裏に張られている強い腱の膜です。この筋膜に炎症が起こると、足底筋膜炎になります。

足底筋膜炎は、扁平足ハイアーチなど長期間の足の歪みやランニング・ジャンプなどスポーツのしすぎ、立ち仕事、加齢など足をたくさん使うことが原因です。

このような原因で足底腱膜にかかる負担が大きくなり、小さな断裂と炎症が起こり、かかとや足の裏に痛みが出てきます。

「そのうち治るだろう」と、かかとや足の裏の痛みを我慢すると、痛みの範囲が広がると同時にその痛みが強くなっていくので、歩くことが難しくなってしまいます。

幼い頃から足のケアが大切!

上記のような、足の歪みや炎症になる前に子供の頃からの足育・予防が大切になります。この予防だけでなく痛みが起きてからの治療としておすすめしているのが、「リアライン・インソール・ジュニア」です。

次は、子供用のインソールについて詳しくみていきましょう。

リアライン・インソール・ジュニアとは?

リアライン・インソールの歴史

「リアライン・インソール」は約2000足のアスリートに対してインソールを自作した経験から開発されました。

最初は、「リアライン・インソール・スポーツ」というアスリート向けの商品を開発し、今では多くのトップアスリートに愛用されています。その経験から、子供の足にも注目しました。

子供の足は、初めてつかまり立ちをする0歳児の足は柔軟性と可動性に富み、不安定な状態で全体重を支えます。この時、骨の傾きや歪みを持ったまま成長してしまうと、扁平足ハイアーチなどが起こり、その歪みは悪化し、やがて強い痛みにより歩くことが難しくなる危険性があるのです。

しかし、幼少期の足の歪み対策はほとんど普及していません。

このような状況を改善するために、GLABでは「リアライン・インソール・スポーツ」と変わらないサポート力とフィット力を組み込んだ「リアライン・インソール・ジュニア」が開発されました。

「リアライン・インソール・ジュニア」の効果

1)足首の向きや土踏まずのアーチなどの調節

土踏まずの立体的なアーチ構造を構築し、それを維持することによって変形を予防する

2)後ろの足の安定

土踏まずの内側にあるアーチの支えにより、後ろ足を内側に回転(回内)することを予防する

3)足の膝から下が内側と外側に回転することを防ぐ

内外足のアーチが下がることを防ぎ、足の膝から下が異常に内側と外側に回転すること(回旋)を予防して、膝関節や腰部への負担を軽減する

4)かかとの骨の保護

ヒールカップ構造が、かかとにある脂肪体をその中央に寄せて整え、かかとの骨のズレを軽減する

上記のような効果により、足の歪みの予防や治療を行うことで足の健康を保つことができます。

まとめ:子どもたちの未来のために

近年、足の痛みや歪みのある多くの子供たちが整形外科や接骨院へ通院しています。

部活動をしている中学生や高校生が多いと思われがちですが、小学生や小さな子供達も頻繁に通っています。

もし多くの子供たちが、足の歪みが原因で痛みを抱えているとしたら、ぜひ「リアライン・インソール・ジュニア」を一度お試しください。

足の健康は一生の財産になり、その子のために役立つはずです。

また、これから出産を予定している方、もしくは小さなお子様がいる方にも、おすすめします。

1歳の記念すべき誕生日に歪みのない人生を祈願し、「リアライン・インソール・ジュニア」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

「リアライン・インソール・ジュニア」

購入はこちらから↓↓10%offにて購入可能なリンクです。

https://glab.shop/discount/Ghit30

1歳のお誕生日から使用可能で、サイズは12cmから21cmまであります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP